トリビア知識

トルコの住宅街の下に眠る巨大地下都市の正体とは

更新日:

トルコの住宅街の下から巨大地下都市が発見されました。場所はトルコの荒野の町。思わず「何だコレ!?」と言ってしまいそうなミステリーが広がるこの地下都市の正体とは?

 

スポンサード リンク

トルコの住宅街の下から巨大な地下都市を発見


トルコの地下から巨大な地下都市が発見されたみたいパラ。

画像

 


謎の空間は思いもよらない形で姿を現すことがある。トルコの住宅街の地下に眠る巨大な都市もその一つだ。1963年のこと。トルコのネヴシェヒルに住む男性が自分の家の壁を壊したんだ。すると謎の部屋が姿を見せた。男性はこの部屋を掘り続けると洞窟のような部屋がいくつも連なるトンネルを見つけたぞ。

 


地下空間の入り口パラ。地底人がいるかもしれないパラ。

 


そして2013年、市の住宅建設プロジェクトでも見つかった。ネブシェヒルの城を取り囲むように建っていた低所得者向け住宅を解体していた作業員たちが地下への入り口を発見したんだ。その先にはトンネルと部屋が網の目のようにつながっている不思議な構造をしていた。

 


急に現れたらびっくりするパラ。

 


市は建設プロジェクトを中止する。そして、考古学者や地球物理学者による調査を開始したぞ。2014年に居住空間・調理場・ワイン醸造所・礼拝堂・階段などを見つけ出して、多層構造の地下都市を確認する。調査が進むにつれて中央アナトリアのカッパドキア地域の一部にあるデリンクユの地下都市が知られることになる。

 


大発見パラ!

 


精巧に作られた地下のネットワーク。ここにはいくつもの入り口や通気孔、それに井戸や通路が眠っていた。


(出典:tokuhain.arukikata.co.jp)

 

カッパドキア特有の地形


カッパドキアはどんな場所パラ?

 


標高1000メートルの高原にあるアナトリアのカッパドキア地域は、火山活動のさかんな地帯。大昔に火山灰に埋まっていたけど長年の堆積岩の浸食によって、今に見られるようような溶岩ドームや、ピラミッド状の岩が形成されたんだ。現在も穴のあいた尖塔や石塔も残っているから観光名所になっているぞ。


(出典:cdn.4travel.jp)


(出典:d18gmz9e98r8v5.cloudfront.net)

 


何千年も昔に、カッパドキアに住んでいたヒッタイト人が、火山灰の沈殿物が柔らかい石でできていることを発見して、岩を掘って部屋を作り始めた。

 


岩の中に部屋を作っていたパラ。なんで岩の中にしたパラ?

 


地下空間は温度が一定に保たれているから地上の厳しい気候から食料などを守ることができる。地下の部屋は始めは、倉庫や食品庫として主に使われていたそうだ。


(出典:cdn.4travel.jp)

 


昔の人の知恵パラ。冷蔵庫の代わりになっていたパラ。

 

デリンクユの巨大地下都市

地上からデリンクユへの出入り口は、茂み・壁・住宅の中庭など100ヶ所以上に上り、直径1.5メートル、重さ500キロの大きな丸い岩のドアで閉ざされています。トンネル内には、最大30メートルにもなるさまざまな長さの通気孔も無数に作られているのが特徴です。

 

発見されている地下都市の中でデリンクユはもっとも深い85メートルまで広がっており、8階構造になっています。完全な発掘は未だ終わっていませんが、考古学者たちは18ほどの層に分かれていると推定。

 

トンネルの中は光が届かず真っ暗となり、通路はあえて狭くしている特徴があります。これは、侵入者が縦一列になり這いつくばって進まなければいけなくなるからです。トンネルはたくさんの洞窟につながっていますが、数万人を収容できるほど広い空間があります。

 

内部には、教会・食料品店・ワインセラーに、共有の会議エリア・食堂・雑貨店・礼拝のための神聖な場所に加え、武器を保管する武器庫・脱出するための秘密の逃げ道・家畜小屋や学校までもあります。また、簡易的な墓地もありますが、遺体をそこで安置していました。さらに、最下層を流れる川には井戸を満たしており、飲み水を運ぶことができました。


(出典:i1.wp.com/trytravel.net)

 

複雑なトンネルができた理由


デリンクユの地下都市にはなんでトンネルがたくさんあるパラ?

 


その理由はいつ・誰が作ったのかは、まだまだわからないことが多いけど諸説あるぞ。

 

ヒッタイト人が巨大地下都市を作った説

紀元前15世紀から12世紀の間に、ヒッタイト人がフリギア人の急襲から身を隠すためにトンネルを作ったという説があります。トンネルからはヒッタイトに関連する遺物が発見されているようです。

 

フリギア人が巨大地下都市を作った説

紀元前8~7世紀のフリギア人が都市を作り始め、発見されたヒッタイトの遺物は戦いの戦利品だという説があります。フリギアの建築家たちは鉄器時代の精鋭で、複合建築の技術も優れていたことが挙げられます。また、フリギア人は長い間に渡り、この地域に住んでいたことは知られています。

 

ペルシャ人が巨大地下都市を作った説

デリンクユの建設について書かれた直接の文献はないものの、ゾロアスター教「ヴェンディーダード」に、偉大なる伝説のペルシャ王イマが地下に宮殿を建設し、人や家畜を住まわせたという話が出てきます。

 


(出典:www.fivestar-club.jp)


(出典:blog-imgs-70.fc2.com)

 


カッパドキアは自然にできた岩を削ってできているから、伝統的な考古学手法で地下都市の年代を特定するのは難しいようだ。ただ、デリンクユは紀元330~1461年のビザンティン時代に拡張したと考えられているぞ。この時代は、マラコペアという名前で初期のキリスト教徒がイスラム教徒のウマイヤ朝やアッパース朝の迫害から逃れるためにトンネルを利用していた。

 


地下都市のトンネルは身の危険から仲間を守るためだったパラ。

 


うん、でも時代が進んでいくとシェルターとしての必要性は薄れてきた。時代が変わるたびにその時代の人がトンネルの用途を変化させてきたんだ。

 


地上が平和になるとトンネルに隠れる必要はなくなるパラ。

 


それで、トンネルは冷暗所や地下の納屋として使われるようになった。でも、2世紀から3世紀のローマのキリスト教迫害のときは逃げるため、そして生き延びるために再び地下都市を利用することになってトンネルも拡張されている。カッパドキアの人々は危険が迫ると家畜を連れて地下都市に逃げ込み、丸い石の扉で入り口を塞いだ。そして脅威が過ぎ去るまで地下で生活をしていたんだ。

 


侵入者から逃れるためのどんどんトンネルが広がっていったパラ。隠れ場所だったパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

お金はグルグルと回っています。ある程度の汚れや破れなどが発生した紙幣に関しては、銀行が取り替えて新札を流通させています。このためグルグル回るお金だけれども極端に汚い紙幣はあまり見かけず出回らないのです ...

2

黒い髪の中に一本だけ白髪があると目立ちますよね。そのため、人に見られないようにとすぐに抜いてしまう方も多いと思います。 少なくても一度は抜いたことがある人が大半ではないでしょうか?そこでよく聞く「白髪 ...

3

血液型は、A型・・・B型・・・C・・・O型!?いったいなぜ、ABの後にO型と飛んでいるのでしょうか?   A型B型の次がO型の理由 A型からB型、そしてO型・・・なんでC型がないパラ? & ...

4

広島県のそば店に、見ると幸せになれると噂の座敷わらしがいます。思わず「何だコレ!?」と言ってしまいそうなミステリーの真相とは?   幸福をもたらす座敷わらしとは わたし妖怪大好き☆彡「地獄先 ...

5

なぜ?水道料金の徴収は2ヵ月ごとに請求書が届くのでしょうか?ハナタカになれる理由とは?   水道料金の請求が2ヶ月単位の理由とは 水道代とどいた~☆彡今月は節水がんばったから節約大成功じゃな ...

-トリビア知識

Copyright© もやパンダのトリビア , 2018 All Rights Reserved.