現在、サイトを移転しています。ページが表示されず「404」ページになる場合には、移転先『 https://moynarezzi.com/ 』ページ下にある検索ボックスから探せます。ご不便おかけし申し訳ございません。

アマゾンフロッグピットの育て方と増やし方

スポンサード リンク
スポンサード リンク

アマゾンフロッグピットは、アクアリウムで人気のある水草です。育てることはもちろん、増やすことも安易に出来るため、アクアリウム初心者にもよく選ばれている浮き草になります。

 

アマゾンフロッグピットの育て方


外にあるメダカ水槽にホテイアオイが入っているパラ。別の浮き草もいれたいパラ。

 


アマゾンフロッグピットがおすすめだよん!アメリカ熱帯域などの広域にわたって分布する浮遊性の浮き草で、アマゾンフロッグピットやアマゾンフロッグビットとも呼ばれているよん!

 


アマゾンフロッブッ・・・、舌を噛み噛みする名前じゃない・・・。

 


どんな水草パラ?

 


アマゾンフロッグビットは、河川や池沼など流れのほとんどない場所に好んで生息している熱帯性の多年性浮草だよん!丸型~楕円形で500円玉程度の大きさの葉を数枚つけるよん!ホテイアオイなどと同じように水面下にヒゲ状の根をたらしながら水中の養分を吸収して成長するよん!

 

[amazonjs asin=”B00UF451UU” locale=”JP” title=”(浮草)アマゾンフロッグビット(無農薬)(3株) 本州・四国限定生体”]

アマゾンフロッグビット 楽天

 

アマゾンフロッグビット

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

◎分類:浮遊植物

◎形態:横へランナーを伸ばし繁殖する

◎原産地:メキシコ、西インド諸島、パラグァイ、ブラジル

◎開花期:6月~7月

◎耐寒性:寒さに弱いため冬季は室内の明るい場所で管理

◎耐暑性:暑すぎると色褪せることがあるため、日陰に移動して様子を見る

[/st-mybox]

 

アマゾンフロッグビットとドワーフフロッグビットの違い

アマゾンフロッグビットとドワーフフロッグビットは、同じ熱帯性浮草で生息地も近いため育成環境にもほとんど違いはなく、アマゾンフロッグビットとドワーフフロッグビットは似ている植物ですが、その違いはアマゾンフロッグビットの方が大きく、葉の厚みがあります。

 

また、アマゾンフロッグビットは葉が尖ってます。ドワーフフロッグビットの方がやや小ぶりで、葉の大きさは直径1~2cm程度、アマゾンフロッグビットは2~5cmほど。

 

根の伸びは、アマゾンフロッグビットの方が長くなるため、水質安定にはその大きさもありアマゾンフロッグビットの方が優位だと想像が出来ます。

 

アマゾンフロッグピットの増やし方


育てやすくて最高じゃない☆彡どうやって増やせばいいのかな?

 


アマゾンフロッグピットの育て方、増やし方はとっても簡単だよん!水質は弱酸性~弱アルカリ性、水温は約20~28℃で光量は少なくても育つよん!

 


LEDでも育つパラ!

 

冬にアマゾンフロッグピットを冬越しさせる方法


ちょっと待ってよ~?冬は大丈夫なのかな?ホテイアオイは枯れちゃうじゃない。

 


屋外でも水が凍りつくような地域でなければかなりの長期間枯れずに生きているよん!

 


冬に強い水草パラ~♪

 


どうしても気になるなら、冬の間だけ室内の窓際においておけば冬越しも簡単にできるよん!

 


水に浮かべておくだけで簡単に増えていくパラ!育てやすいパラ!増やしやすいパラ!

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

◎日当たり:良光の場所へ

◎土:浮草のため土は必要なし

◎肥料:与えなくても繁殖可能

◎小さな容器の場合は水温上昇に注意

◎株が量が多くなりすぎたら間引く

[/st-mybox]

 


アマゾンフロッグピットはホテイアオイよりも小型パラ。室内水槽でも利用できるパラ。

 


浮き草は入れてるだけで涼しくなる~☆彡

 

まとめ

アマゾンフロッグピットはホテイアオイ同様に根から養分を吸収します。水質の悪化や富栄養化などを抑制してくれる効果に期待ができるため、水槽の安定に繋がります。

 

また、ヒゲ状に水中に伸びる根は天然のメダカの産卵床になり、メダカが卵を産み付けたらアマゾンフロッグピットごと隔離する使い方も可能です。

 

さらに、屋外飼育の場合は、鳥などの天敵が多いですが、浮き草により姿を隠せ、夏の直射日光による水温の上昇を抑えることも可能です。どんどん増える水草なのでよほどの悪い環境じゃなければほとんど全滅する心配はありません。