トリビア知識

南米ペルーで妊娠した宇宙人のミイラ発見!

更新日:

南米ペルーにはUFOや宇宙人の新情報が後を絶たない場所です。ナスカの古代墓の中から発見されたミイラがエイリアンのものではないかと注目をされています。さらにそのミイラには驚くべきことが発見されたのです。

 

エイリアンが妊娠!?卵を身ごもる未確認生物


エイリアンってどうやって増えてるパラ?赤ちゃんが生まれるパラ?急に分裂するパラ?

 


アメーバみたいに分裂して増えるかもしれないし、オス・メスがいないと増えられないかも知れない。そもそも固定数が決まっていて”死ぬ”という概念自体がないかも知れない。宇宙生物は謎だ。

 


宇宙は広いパラ~。

 


でも、南米ペルーで妊娠した宇宙人のミイラが発見されたぞ。

 


ぬぉー!?宇宙人は妊娠するパラー!!?

 


南米ペルーで発見された得体の知れない生物にX線写真など様々な分析を専門の調査機関が行った。その結果、このミイラには骨格がきちんと存在していて、人間よりも爬虫類に近い特性を備えていることが判明したんだ。爬虫類型宇宙人であるレプティリアンの説が浮上した。

画像

 


爬虫類人間・・・、目が怖いパラ。

 


そして、改めてCTスキャンで分析した結果、ミイラの中に卵が入っていたことが判明した。ミイラの研究に協力しているエドソン・サラザール・ヴィヴァンコ博士は、今回調査されたエイリアンのミイラについて、「今回の調査にて、骨盤腔に謎の有機物が存在している事が判明した。その位置から、この生命体の最後の食事だったかもしれないし、妊娠していたのかもしれないと考える事ができる」と語っている。

 

 


食べ物・・・妊娠・・・どっちパラ・・・。

 


研究者のデ・ラ・クルス・リオス氏は、「骨盤腔には有機物で構成されている半透明の物体が存在している。卵である可能性が高いのでは」といっているぞ。骨格的に爬虫類が強いなら卵の可能性も十分にある。地球上の進化の過程で突然変異により人間そっくりの爬虫類人間が出現していたかも知れないし、宇宙人生物レプティリアンかも知れない。

 


謎謎謎謎パラ・・・。宇宙は海よりも広いパラ・・・。

スポンサード リンク

注目記事

1

お金はグルグルと回っています。ある程度の汚れや破れなどが発生した紙幣に関しては、銀行が取り替えて新札を流通させています。このためグルグル回るお金だけれども極端に汚い紙幣はあまり見かけず出回らないのです ...

2

黒い髪の中に一本だけ白髪があると目立ちますよね。そのため、人に見られないようにとすぐに抜いてしまう方も多いと思います。 少なくても一度は抜いたことがある人が大半ではないでしょうか?そこでよく聞く「白髪 ...

3

血液型は、A型・・・B型・・・C・・・O型!?いったいなぜ、ABの後にO型と飛んでいるのでしょうか?   A型B型の次がO型の理由 A型からB型、そしてO型・・・なんでC型がないパラ? & ...

4

広島県のそば店に、見ると幸せになれると噂の座敷わらしがいます。思わず「何だコレ!?」と言ってしまいそうなミステリーの真相とは?   幸福をもたらす座敷わらしとは わたし妖怪大好き☆彡「地獄先 ...

5

なぜ?水道料金の徴収は2ヵ月ごとに請求書が届くのでしょうか?ハナタカになれる理由とは?   水道料金の請求が2ヶ月単位の理由とは 水道代とどいた~☆彡今月は節水がんばったから節約大成功じゃな ...

-トリビア知識

Copyright© もやパンダのトリビア , 2018 All Rights Reserved.